長野の紅葉ゾーンへのトリップ!おすすめのお土産②

トリップ業者でお土産を貰うときは、その土地ならではの食品を選ぶという喜ばれることが多いですよね。
また、近くのお店で購入できる一品もありますが、訪れた業者で購入することにより「本場のテースト」を味わえるのではないでしょうか。

秋が深まると方々の紅葉周辺が隆盛をみせます。
長野県内は面積も大きく紅葉周辺も多いため、観光旅行にはおすすめの業者ですね。
お出掛けのときは、いかなるお土産があるのかお先に調べておくといいでしょう。
また、持ち帰るのが一大ものはメールオーダーサイトで購入する手もおすすめです。

トリップのお土産として甘味は定番ですが、手渡す相手によっては麺類(乾麺)やお酒などの他「お漬け一品」が喜ばれるかもしれません。
長野県内は「野沢菜」の布地としても知られています。
こちらは「野沢温泉」(下高井郡野沢温泉村)を中心に生育されていますが、自宅で生育することもできるため、育てた経験を持つ人物もいるかもしれませんね。

野沢菜の実益状況は10月収~11月収で、「野沢菜漬け」として利用されることが多いようです。
アメイジングで緑色の「浅漬け」を見ることがありますが、野沢菜漬けには乳酸発酵して飴色になった「誌漬け」も存在します。
こちらは、田園を訪れるため本場のテーストが楽しめるといわれています。

なお、野沢温泉では「野沢菜実益 漬込み事例」ができます。
工夫手などは「野沢温泉周遊協会」のインターネットで確認できますので、紅葉の状況のお出掛け先にしてはいかがでしょうか。
因みに、野沢温泉へはJR飯山ターミナルから銭湯(路線バス、期間限定の直通銭湯)による手があります。ミュゼ栄は無料カウンセリングで安心脱毛体験